無料ブログはココログ

« 花の吉原百人斬り | トップページ | 以心斎の墨蹟 「雪」 »

2010年12月20日 (月)

献上された都鳥

名にし負はば いざこと問はむ都鳥

    わが思ふ人はありやなしやと

  伊勢物語第9段「東下り」で知られる都鳥。霊元上皇は歌道に通じた教養人であった。あるとき、都鳥というのはどんな鳥か見たいといった。それを聞いた徳川将軍吉宗は、さっそく隅田川へ行って自分で都鳥を射とめ、それを矢があたったままのかたちで箱につめ、急使をたて上皇のところに送らせた。京都の御所では吉宗から都鳥が献上されると聞いて、もっとりっぱな籠にでも入れて、生きたままの都鳥がくるのであろうと予想していたら、箱がとどき、あけてみたら矢にささったままの死鳥がでてきたので、おおいに驚いたという。

« 花の吉原百人斬り | トップページ | 以心斎の墨蹟 「雪」 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の吉原百人斬り | トップページ | 以心斎の墨蹟 「雪」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31