無料ブログはココログ

« 鎌倉街道の謎 | トップページ | 開戦 »

2010年12月 5日 (日)

馬籠と大磯

Photo_2 島崎藤村の墓(永昌寺)

    島崎藤村(1872-1943)は長野県木曽郡馬籠の生まれである。永昌寺には藤村と一族の墓がある。しかし墓は大磯の地福寺にもある。遺骨は大磯に納められ、永昌寺には遺髪のみを葬られたという。なぜ大磯を選んだかは謎とされている。昭和16年2月28日付けの妻へ宛てた手紙の中で「昨日午後、志ぎ立沢まで歩き、久しぶりで好い散歩をしました」とある。2月25日に初めて大磯の家を見つけて、ここでの生活が始まった。昭和18年8月22日に亡くなっているから、わずか1年半ばかりの大磯での生活だった。

« 鎌倉街道の謎 | トップページ | 開戦 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉街道の謎 | トップページ | 開戦 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31