無料ブログはココログ

« 今和次郎の考現学 | トップページ | 田中正造、天皇陛下に直訴す »

2010年12月10日 (金)

正岡子規の母と妹

Photo_2 正岡八重

   正岡八重(1845-1927)は松山藩の儒者、大原観山の長女として弘化2年、正岡常治と結婚。明治5年、常治死亡。夫の死後、裁縫を教えながら子規と律を育てる。上京し子規の最期を看取った。妹の正岡律(1870-1941)は子規の看護をしたが、はじめ子規はよく律に癇癪を起こした。子規の死後、共立女子職業学校に入学し、卒業後は和裁の教師となった。母の看病のため退職した後も、子規庵で裁縫教室を開いていた。NHK松山で制作された「子規と律 闘病7年兄妹の記録」(四国スペシャル)では難病の子規を支えた律の人物像が浮き彫りにされている。

« 今和次郎の考現学 | トップページ | 田中正造、天皇陛下に直訴す »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今和次郎の考現学 | トップページ | 田中正造、天皇陛下に直訴す »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31