無料ブログはココログ

« 郡上凌霜隊の悲劇 | トップページ | 酒は静かに飲むべかりけり(牧水) »

2010年12月18日 (土)

龍馬ブームをつくった男

Photo_3

   坂本龍馬の名を知らしめたのは、明治16年、坂崎紫瀾(1853-1913)が高知の「土陽新聞」に「汗血千里駒」を連載したことによる。しかし龍馬ブームといえるのは日露戦争ころのことであろう。

   香川敬三(1839-1915)は岩倉具視のもとで倒幕の密議に参加。流山で甲陽鎮撫隊陣屋を襲って近藤勇の捕縛に功があった。明治になり、宮内少輔などを歴任。日露戦争の際、昭憲皇后の夢に坂本龍馬が現れたという宣伝を行ったのも香川である。幕末維新をデッサンした人物といえる。明治の顕官でありながら写真があまりない。彼は明治天皇擁立の謎を握っているのかもしれない。

« 郡上凌霜隊の悲劇 | トップページ | 酒は静かに飲むべかりけり(牧水) »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 郡上凌霜隊の悲劇 | トップページ | 酒は静かに飲むべかりけり(牧水) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31