無料ブログはココログ

« 灰皿にテキーラ | トップページ | 大和ドロップ »

2010年12月 1日 (水)

魔法の店

Photo

  「裸の銃を持つ男」のレスリー・ニールセン(1926-2010)が11月28日、フロリダ州の病院で亡くなった。84歳だった。70歳すぎて白髪となってから、コメディ映画で大ブレイクしたが、経歴は古い。父は警官で、叔父に俳優ジーン・ハーショルト(1886-1956)がいる。第二次世界大戦中は、カナダ空軍に従軍、除隊後、低音の魅力を買われてカルガリーでラジオのアナウンサーをしていた。1956年「放浪の王者」でデビュー、同年の「禁断の惑星」の隊員役でその名を知られるようになる。テレビ出演も多い。「ヒッチコック劇場」第45話「魔法の店」もSF風な作品。レスリー・ニールセンはやはり宇宙もののイメージがあった。彼ほど長く愛されたスターも珍しい。

« 灰皿にテキーラ | トップページ | 大和ドロップ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 灰皿にテキーラ | トップページ | 大和ドロップ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31