無料ブログはココログ

« 献上された都鳥 | トップページ | 円覚寺帰源院と漱石 »

2010年12月20日 (月)

以心斎の墨蹟 「雪」

Img_0029

    武者小路千家第7代家元・全道宗守・以心斎 宗安(1830-1891)は若年時に患った疱瘡により、失明に至ったが、茶の心は聊かも衰えることなく、かえって心眼が開け、正しい伝統を次代に伝えることができた。以心斎という号は「肉眼を以て看ず、心眼を以て看る」という意である。画像は「雪月花」の3文字を3人が合作したうちの宗安の「雪」という字である。やわらかな真っ白い雪が浮んでくる。

« 献上された都鳥 | トップページ | 円覚寺帰源院と漱石 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 献上された都鳥 | トップページ | 円覚寺帰源院と漱石 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31