無料ブログはココログ

« マリー・アントワネットとクロワッサン | トップページ | 琴はしずかに・八木登美子 »

2010年11月 3日 (水)

アニーよ銃をとれ

   西部のならず者たちの中で彩を添えるヒロインが二人いる。カラミティ・ジェーン(1852ころ-1903)とアニー・オークリー(1860-1926)である。だがジェーンは荒くれ男と酒場で喧嘩をする任侠の女であったが、アニーは酒場は似合わない可憐なショービジネスの少女であって、二人は対照的である。

  カラミティ・ジェーン、本名マーサ・ジェーン・カナリーは、伝説では馬と拳銃の名手で、男装して軍隊のスカウト(斥候)となり、よく味方の災難(カラミティ)を救ったのでカラミティ・ジェーンと呼ばれたという。実際は軍隊の雑役婦をつとめ、娼婦のようなこともしていたらしい。ワイルド・ビル・ヒコックの恋人という噂も根拠はない。

   アニーは本名フィービ・アン・モーズィズといい、1860年8月3日、オハイオ州ダーク郡に貧農の子として生まれた。上には姉たちが4人いた。幼いころから一家を支えるために、ウサギ、リス、ウズラ、カモなどをライフルで撃ち、それを現金に換えていた。シンシナティに出て、射撃の第一人者であったフランク・E・バトラーと試合をして勝ったという話は、本当ではないらしい。(フランク・バトラーとはのちに結婚する)。後にバッファロー・ビルが率いる世界最大の屋外の見世物、「ワイルド・ウエスト・ショー」に参加することになり、たちまち一座の花形となった。そして女の射撃名人として、全米だけでなく、ヨーロッパ各地をも巡業した。17年間、ショー生活から引退した後、1926年11月3日、アニーは故郷で亡くなった。

« マリー・アントワネットとクロワッサン | トップページ | 琴はしずかに・八木登美子 »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリー・アントワネットとクロワッサン | トップページ | 琴はしずかに・八木登美子 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31