無料ブログはココログ

« 小百合の事物由来日記 | トップページ | トイレの神様 »

2010年11月23日 (火)

「流れ星」泣けました

    涼太(桐山照史)がとうとう死んでしまった。番組の流れでこうなるのはわかっていたが、そのときが速くきた。死の間際までマリア(北乃きい)のことを思っていた。なんてかっこいいんだろう。ところで健吾(竹之内豊)と梨沙(上戸彩)との恋はほとんど進展しない。ラストで健吾の婚約者だった美奈子(板谷由夏)が「私がドナーになります」という。この先どうなるんだろう。臓器移植や家族愛がテーマだけれど、登場人物の心理がよくわかり感情移入できる。コブクロの「流星」もいい。

« 小百合の事物由来日記 | トップページ | トイレの神様 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小百合の事物由来日記 | トップページ | トイレの神様 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30