無料ブログはココログ

« 歌入りの主題曲 | トップページ | 韓国の日本ブームは? »

2010年11月14日 (日)

かつて女性の教皇がいた?

   カトリックの世界で最高の権威を持っているのがローマ教皇である。歴代のローマ教皇はすべて男性というのが世間の常識だが、実は女性の教皇がいたという中世の伝説がある。女教皇ヨハンナである。13世紀のポーランドの年代記作家マルティンはレオ4世(在位847-855)のあと、ヨハンナが2年7ヵ月間、教皇の位についていた。ヨハンナは12歳でドイツの修道院に入り、ギリシアへ行き、ギリシア語学者となって、男装してやがて出世を重ねた。ベネディクトゥス3世の対立教皇として、855年、教皇に選出されたが、在世中に女児を出産したことから女性であることがばれ、馬の尾につながれてローマの外に追放された。その後、お産の後遺症で亡くなったという。しかし、この事実は現在否定されている。

« 歌入りの主題曲 | トップページ | 韓国の日本ブームは? »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌入りの主題曲 | トップページ | 韓国の日本ブームは? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31