無料ブログはココログ

« お宮の松 | トップページ | 接着剤の歴史 »

2010年11月18日 (木)

睡眠不足は風邪のもと

    一晩の睡眠が平均7時間以下の人は、8時間以上の人に比べて3倍近く風邪を引きやすいという結果がでているそうである。睡眠と免疫系との関係はこれまで実証されているが、睡眠が風邪ウイルスに対する抵抗力と関連することがわかった。一晩ぐっすり眠れたら、朝から体調がいいのは誰しも経験すること。でもストレスでなかなか眠れない人も多い。例えば、その日あった嫌な出来事や明日の仕事のこと、日ごろの心配事などが、布団に入ってからも頭から離れず、ついつい考え込んで寝つけなくなる。眠気はリラックス状態で起ってくるもの。夜は自分にあったリラックス方法で過ごすことだ。例えば、音楽を聴く、気楽な内容の本を読む、アロマテラピーを楽しむ、ハーブティーを飲む、など自分に適した方法を日常の中に取り入れるとよい。

« お宮の松 | トップページ | 接着剤の歴史 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お宮の松 | トップページ | 接着剤の歴史 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30