無料ブログはココログ

« セカンドバージン | トップページ | 睡眠不足は風邪のもと »

2010年11月17日 (水)

お宮の松

Photo

  尾崎紅葉の「金色夜叉」は明治30年から明治35年まで、読売新聞に断続6年にわたって連載され評判になった小説である。すぐに新派劇に脚色され「金色夜叉・熱海海岸の場」として、明治31年初演され、たちまち人気を集めた。この新派劇をもとにして、演歌師宮島郁芳が「金色夜叉の歌」をつくり、この歌もたちまち全国に流行した。

 熱海の海岸散歩する 

 貫一お宮の二人づれ

 共に歩むも今日限り

 共に語るも今日限り

あまりにも有名になったので、熱海の有志の人々が小栗風葉の「宮に似たうしろ姿や春の月」の句を刻んだ碑を、大正8年に建てた。この老松がお宮の松と呼ばれ、熱海の新名所となった。昭和24年のキティ台風で道路が傷み、海岸に伸びた枝を切ったりしたため、車公害でとうとう老松は枯れてしまった。現在のお宮の松は、昭和41年、二代目お宮の松として、碑とともに移されたものである。

« セカンドバージン | トップページ | 睡眠不足は風邪のもと »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セカンドバージン | トップページ | 睡眠不足は風邪のもと »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31