無料ブログはココログ

« 本のある空間 | トップページ | いま子どもの社会保障は »

2010年11月 4日 (木)

いまにみておれ

   「勝ち組、負け組」という言葉には抵抗感がある。自分の人生をそんなに単純に白黒つけていいのだろうか、と。しかし、使い勝手がいい言葉は一過性の流行語ではなく、きちんとした日本語として定着しそうである。言葉は、ことの良し悪しではなく、国民の本音がでるものだ。「負け犬の遠吠え」という言葉もよく使われる。だが私は、むしろ「ネバーギブアップ」や「いまにみておれ」という言葉のほうが好きだ。

  むかし商売をしていた親父が廃業して、シルバー人材センターで新しい仕事をしたことがあった。まだシルバー事業が発足して間もない頃だった。父の仕事は公民館のギャラリーの監視員。つまり部屋の隅に一日、座ったり巡回する程度の仕事である。だが一日重労働をしていた父にとっては、逆にじっとしていることが辛くてすぐに辞めてしまった。第二の人生は誰でも容易なことではない。シルバーでいきいき働いている元気な高齢者をみると羨ましい。屋外作業を蔑視するつもりはないが、デスクワークを長年している人には、やはり無理だろう。「シルバーで今日も元気だ会話がはずむ」という標語を書いた車が町を走っていた。最近、ウィンクの鈴木早智子が「私は負け組」と弱音とも受け取れる発言をしていた。相田翔子が玉の輿だからなのか。しかし叙勲の家庭も裏では多事多難だろう。むしろサッチンのほうが気楽なのに、と思う。つつましい生活をして普通の生活ができればいい、と思えるようになるには、まだまだ彼女は若すぎるのだろう。

« 本のある空間 | トップページ | いま子どもの社会保障は »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本のある空間 | トップページ | いま子どもの社会保障は »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31