無料ブログはココログ

« 世界女優史 ジョーン・クロフォード | トップページ | 安保のころ »

2010年11月 9日 (火)

栗田寛と古風土記

Img_0026

    水戸家「大日本史」の未完であった「表」「志」を執筆したことで知られる幕末の歴史学者、栗田寛(1835-1899)は、町人の出身ながら漢学、国史を学び幕末水戸藩に仕えた。維新後、教部省、修史館、元老院に出仕した。栗田の業績に古風土記の研究がある。わが国で現存している風土記は常陸、出雲、播磨、豊後、肥前の五書であるが、その他に多くの逸文が残されている。「日本書紀」「古今集」などの考証に用いられ、一部から引用されて残っている断片的記事を収集、整理して「標注古風土記」として明治32年に刊行した。近代的風土記研究の先駆けとなった。栗田健男海軍中将は孫にあたる。

« 世界女優史 ジョーン・クロフォード | トップページ | 安保のころ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界女優史 ジョーン・クロフォード | トップページ | 安保のころ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31