無料ブログはココログ

« かつて女性の教皇がいた? | トップページ | 孔子が密に尊敬した彭祖とは如何なる人物か »

2010年11月14日 (日)

韓国の日本ブームは?

Photo

    躍進著しい韓国映画界だが、日本の作品を原作とするものも多い。チェ・ミンシクの「オールド・ボーイ」(2003)は土屋ガロンのコミックで「パイラン」(2001)は浅田次郎の「ラブレター」が原作だった。ソン・イエジンの「私の頭の中の消しゴム」(2004)はドラマ「Pure Soul~君が僕を忘れても」のリメイク。ハン・ヒョジュの「アドリブ・ナイト」(2006)は平安寿子の同名小説、ソン・へギョの「僕の、世界の中心は君だ」(2005)は片山恭一の「世界の中心で、愛をさけぶ」が原作である。チュ・ジフンの「アンティーク西洋骨董洋菓子店」は、よしながふみの漫画が原作。チェ・ジウの「101回目のプロポーズ」(2005)はもちろん日本のドラマのリメイク。ソン・チャンウィの「少年は泣かない」は北方謙三の「傷跡」が原作。「花より男子」はもちろん神尾葉子の少女漫画。ムン・グニョンの「愛なんていらない」(2006)は広末涼子の「愛なんていらねえよ、夏」のリメイク。

« かつて女性の教皇がいた? | トップページ | 孔子が密に尊敬した彭祖とは如何なる人物か »

「韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かつて女性の教皇がいた? | トップページ | 孔子が密に尊敬した彭祖とは如何なる人物か »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31