無料ブログはココログ

« トンデモ授業はなぜ起るのか | トップページ | 世界女優史 ジョーン・クロフォード »

2010年11月 7日 (日)

世界女優史 ジル・クレイバーグ

Photo_3

  Jill  Clayburgh(1944-2010)ウーマン・リブ運動が本格化した70年代。「結婚しない女」(78)で家庭の主婦から、自立した女性へ成長していくヒロインを見事に演じ、カンヌ映画祭主演女優賞を受賞。ニューヨークで勉強中の20代はじめ、まだ無名のアル・パチーノと愛し合つたが、ずっと独身を続けた。「結婚しない女」でブレイク直後、劇作家デービッド・レイブと結婚。知的でユーモアのセンスもあったが、「ウェディグ・パーティ」で映画デビュー以来、脇役が長かった。2010年、白血病のため、66歳で亡くなった。

« トンデモ授業はなぜ起るのか | トップページ | 世界女優史 ジョーン・クロフォード »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トンデモ授業はなぜ起るのか | トップページ | 世界女優史 ジョーン・クロフォード »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31