無料ブログはココログ

« 映画発祥の地・神戸 | トップページ | お宮の松 »

2010年11月17日 (水)

セカンドバージン

    NHKドラマ「セカンドバージン」は大石静の脚本だけに面白い。登場する人物は社会的地位があり、お金があり、若さと美貌が備わっている。だがすべてが満たされているが、何か不満を感じている。今の普通の人なら少々の不満があっても、自分の境遇に満足して、状況を変えることをしないだろう。だがヒロイン中村るい(鈴木京香)と鈴木行(長谷川博巳)は困難な状況を越えて真実の愛を選んだ。だがその代償は大きいだろう。2人の結末は厳しいものを感ずる。やはり「失楽園」のパターンになる公算は大である。だがドラマだからドンデン返しがあるかもしれない。しかしやはりフランクリンの格言を思い出さずにはいられない。

「貧しい人でも満足すれば富み、富んでいる人でも満足しなければ貧しくなる」

« 映画発祥の地・神戸 | トップページ | お宮の松 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画発祥の地・神戸 | トップページ | お宮の松 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31