無料ブログはココログ

« おんな物語 | トップページ | それにつけても金の欲しさよ »

2010年11月 1日 (月)

尾崎紅葉の妻

    尾崎喜久(1872-1953)は明治24年、19歳のとき尾崎紅葉と結婚。新見藩の漢方医樺島玄風の娘で芝浜町の新見藩関氏の邸で育つ。だが紅葉は病弱で明治36年に亡くなる。当時は印税制が確立されていなかったので、たちまち収入が途絶えた。喜久子と子供は戦時下、千葉の片田舎でひっそりと暮らしていた。小学生の孫が新聞配達しながら家を助けてする。菊池寛がそのことを聞いて、出版社からなにがしの金を集めたという。昭和28年、喜久子は81歳で亡くなった。

« おんな物語 | トップページ | それにつけても金の欲しさよ »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おんな物語 | トップページ | それにつけても金の欲しさよ »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30