無料ブログはココログ

« 「流れ星」泣けました | トップページ | セカンドバージンの離婚理由 »

2010年11月23日 (火)

トイレの神様

   亡き祖母への想いを歌った植村花菜の「トイレの神様」を初めて聴く。NHK歌謡チャリティコンサート。これまでも肉親の死を扱った歌は多い。武田鉄矢、さだまさし、平井堅、秋川雅史のように名曲誕生の瞬間は一度聞いても心に突き刺さる。メロディーも残る。オーケストラをバックの熱唱だった。おそらく全国で何万人の人がテレビを見て同じ時間に「なんていい曲なんだ」と素直に感じているだろう。平凡で当たり前の素直な言葉が人を感動させる力がある。植村花菜はベテラン揃いの上手い歌手を相手に一番輝いていた。クミコ、新妻聖子など女性歌手も印象的だった。

« 「流れ星」泣けました | トップページ | セカンドバージンの離婚理由 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「流れ星」泣けました | トップページ | セカンドバージンの離婚理由 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30