無料ブログはココログ

« 叙勲という名の格づけ | トップページ | ぶらり谷根千歴史散歩 »

2010年10月28日 (木)

理想喪失の悲しむべき秋の一日

    幸徳秋水が明治43年6月、伊豆の湯河原で逮捕された。当時、東京朝日新聞の校正係員だった石川啄木(1889-1912)は大きな衝撃を受け、さっそく「時代閉塞の現状」を書く。そのなかで啄木は、「我々青年を囲繞する空気は、今やもう少しも流動しなくなった。強権の勢力は普く国内に行亘っている。現代社会組織はその隅々まで発達している」と述べ、そのような時代の雰囲気を「理想喪失の悲しむべき状態」と表現している。この年のある秋の一日。

時代閉塞の現状をいかにせむ 秋に入りてことにかく思ふかな

« 叙勲という名の格づけ | トップページ | ぶらり谷根千歴史散歩 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 叙勲という名の格づけ | トップページ | ぶらり谷根千歴史散歩 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30