無料ブログはココログ

« 漱石と梁川 | トップページ | 台風接近 »

2010年10月28日 (木)

熊楠と孫文

   南方熊楠(1867-1941)が大英博物館で所蔵資料の整理係をしていた1897年3月、ロンドンに亡命した革命家、孫文(1866-1925)と出会う。同じ年の2人は、すっかり意気投合し、孫文がロンドンの清国公使館に拘束されるまで、ほとんど毎日のように会っていた。孫文がロンドンを去るときも熊楠は駅で見送りしている。

« 漱石と梁川 | トップページ | 台風接近 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漱石と梁川 | トップページ | 台風接近 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31