無料ブログはココログ

« 雪舟とダ・ヴィンチ、左甚五郎とデカルト | トップページ | コロンブスとオリノコ川 »

2010年9月 6日 (月)

興譲館

   江戸時代、藩校が盛んであった。萩の明倫館、秋田の明徳館、会津の日新館、水戸の弘道館。なかでも米沢の上杉鷹山(1751-1822)は儒学を奨励し、興譲館は知られている。細井平洲、神保蘭室、片山一積らが教授にあたった。だが同名の藩校が各地に存在している。小城藩、徳山藩、荻野山中藩。それから民間教育機関として、甲斐の谷村(やむら)興譲館、私学の岡山興譲館がある。

    たとえば甲斐国では由学館という藩校があるが、甲府代官所の山本大膳が文政6年に「石和教諭所」(八代郡)とよばれた庶民教育の機関を設立した。のち雨宮哲助(六園)は石和教諭所、甲府学問所を勤めた後、代官佐々木道太郎に招かれて谷村興譲館の教授として、活躍した。槇田斯興(1830-1889)、田村一郎、笠井光謙らの教授へと明治まで存続していた。米沢と岡山興譲館は高等学校として現存する。

« 雪舟とダ・ヴィンチ、左甚五郎とデカルト | トップページ | コロンブスとオリノコ川 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪舟とダ・ヴィンチ、左甚五郎とデカルト | トップページ | コロンブスとオリノコ川 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31