無料ブログはココログ

« 裏切者の末路 | トップページ | 敬老の日と悲田院 »

2010年9月13日 (月)

王妃と詐欺師

   カリオストロ伯爵は窃盗、詐欺、女衒、紙幣贋造など悪事ならなんでも行う稀代のペテン師である。本名はジュゼッペ・バルサモ(1743-1795)といい、シチリア島パレルモの貧しいリボン商人の子であった。修道院を追放されて、ヨーロッパ各地を転々とし、そのあいだに魔術や錬金術を身につけた。偽名をつかってパリの社交界に入った。そのころマリーアントワネットは妊娠していたが、毎夜のように怖い夢をみる。そこでカリオストロに占ってもらおうと思いついた。カリオストロは、まず一人の処女に催眠術をかけてから、水の入ったガラス瓶をじっとみつめている。カリオストロは何が見えるかたずねた。「王妃さまが男の赤ん坊をお産みになっているのがみえます」と答えた。この予言は的中して、アントワネットは数週間後、無事男の子を出産した。これよりカリオストロと王妃の親交は始まった。有名なラ・モット伯爵夫人の「首飾り事件」(1785年)はカリオストロは無罪になった。王妃も実際何ひとつ責任がなかったのであるが、民衆の信頼は大きく失うこととなった。これがフランス革命の原因の一つという人もいる。カリオストロは詐欺がばれて、パリを離れ、ローマで逮捕されて終身刑で獄死した。マリーアントワネットも浪費と逸楽の生活が国民の恨みを買い、1783年断頭台で処刑された。

« 裏切者の末路 | トップページ | 敬老の日と悲田院 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裏切者の末路 | トップページ | 敬老の日と悲田院 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30