無料ブログはココログ

« ヨコワリの世界史・古代編 | トップページ | ユダヤ総督ピラトはなぜ聖人化されるのか? »

2010年9月23日 (木)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

   何日も前に録画しておいてたまったHDDを整理しようと見た1本の映画がとても面白ろかった。タイトルや出演者にあまり興味もなくて見ずに消去しようとしたくらい。ではなぜ録画したのか、永作博美がでているからだろう。映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(2007)もともと舞台で好評だったもので、映画でもキネマ旬報ベスト10位に入っている。女優志望の勘違い女(佐藤江梨子)を主人公に、漫画家志望の妹(佐津川愛美)、近親相姦の兄(永瀬正敏)、不幸な出自の従順な嫁(永作博美)など個性的な4人の出演者がいい。ブラックコメディ。主演のサトエリは超ワガママで現代風のスタイルがいいだけの性悪女。そのイジメにおびえる妹が最後には復讐して成功をつかみかけるというのが話の大筋。永作が蹴られてころがされたり、素麺を顔にかけられてたり、全身痣だられになったり、滅茶苦茶なところが受ける。奇想天外のストーリーというのは面白い。

« ヨコワリの世界史・古代編 | トップページ | ユダヤ総督ピラトはなぜ聖人化されるのか? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨコワリの世界史・古代編 | トップページ | ユダヤ総督ピラトはなぜ聖人化されるのか? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30