無料ブログはココログ

« 龍馬・お龍の新婚旅行 | トップページ | イタリア教皇領(ピピンからガリバルディまで) »

2010年9月 9日 (木)

ロートレック礼賛

 画家トゥールーズ=ロートレックは我が国では単に「ロートレック」と呼んでいることが多いが、「トゥールーズ=ロートレック」とひとつの姓なので切り離さないで呼んだほうがいいそうだ。トゥールーズ家というフランスでも屈指の名門である。そして正式名は「アンリ・マリ・レーモン・ド・トゥールーズ=ロートレック」というからやけに長い名前である。山高帽に鼻眼鏡、ステッキを片手に夜毎の歓楽街を徘徊する短躯の紳士は、まさしくモンマルトルの象徴であった。だがその生涯は短い。享年37歳。今日はトゥールーズ=ロートレックの命日である。幼少期より虚弱体質だったが、彼の運命を変える事故が14歳のときにあった。客間で転倒して左足を骨折したのだ。さらに翌年は、みぞに転がり落ち右足を骨折した。以後、上半身は普通に成長したが、両足の発育は停止した。そのため彼は画家になることを決心する。晩年は夜更かしとアルコール中毒により、幻覚症状を起こしたが、最後まで絵筆をはなすことはなかった。

« 龍馬・お龍の新婚旅行 | トップページ | イタリア教皇領(ピピンからガリバルディまで) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍馬・お龍の新婚旅行 | トップページ | イタリア教皇領(ピピンからガリバルディまで) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31