無料ブログはココログ

« セカンド・ラブ | トップページ | 一朝目ざめて有名人 »

2010年8月 8日 (日)

戦国英雄の信仰生活

    上杉謙信は幼いとき禅寺にあずけられたこともあり信仰心が深い。とりわけ毘沙門天を生涯深く信仰した。武田信玄も禅宗、天台宗、真言宗など諸宗わけへだてなく篤く敬っている。織田信長・豊臣秀吉の人となりは謙信・信玄とは大きく異なるようである。当時、比叡山や高野山は一大武装勢力になっていた。延暦寺、金剛峰寺、石山本願寺など焼き討ちにし、男女数千人を殺戮している。また全国にいた高野聖を惨殺した。信長は仏罰や祟りは信じなかったが、神や祈祷、祝詞は信じていた。神社に戦勝祈願もしている。戦国時代、卜占・筮竹を信じるのは普通だった。

« セカンド・ラブ | トップページ | 一朝目ざめて有名人 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セカンド・ラブ | トップページ | 一朝目ざめて有名人 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31