無料ブログはココログ

« 近代映画協会・ATG「心」 | トップページ | 伊丹が副首都になる!? »

2010年8月10日 (火)

ツァラトゥストラ

   大導寺信輔は或る雪の夜、神保町の古本屋を一軒一軒覗いて行った。その内に或る古本屋に「ツァラトゥストラ」を一冊発見した。それもただの「ツァラトゥストラ」ではなかった。二月ほど前に彼の売った手垢だらけの「ツァラトゥストラ」だった。彼は読み返せば読み返すほど、だんだん懐かしさを感じた。「これはいくらですか?」「1円60銭」信輔はたった70銭でこの本を売ったことを思い出した。が、やっと売りの価の二倍、1円40銭に値切った末、とうとうもう一度買うことにした。(芥川龍之介「大導寺信輔の半生」より)

    こんな体験は誰にもあったように思う。でもいまは懐かしい青春の日々。

« 近代映画協会・ATG「心」 | トップページ | 伊丹が副首都になる!? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近代映画協会・ATG「心」 | トップページ | 伊丹が副首都になる!? »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31