無料ブログはココログ

« 平成の関ヶ原 | トップページ | 三浦哲郎と太宰治との共通点 »

2010年8月29日 (日)

呉の諸葛一族

Img_0013

  諸葛孔明(亮)には、7歳年上の兄がいた。諸葛瑾(174-241)という。諸葛亮とは異母兄弟で、亮が蜀の劉備に、瑾が呉の孫権に用いられたのはよく知られている。瑾には恪、喬、融の3人の子がいた。長子諸葛恪(203-253)は、若くして名を知られた奇才であった。しかし父親亡き後、あまりの専横に、呉帝孫亮らによって殺される。家族も全員処刑された。父は生前、恪について、「聡明すぎて家を全うするまい」と語っていた。

   恪についてこんな話が残っている。恪は、宴会の前夜、胸騒ぎがして眠れず、翌朝、洗面しようとしたところ、水も着物も生臭かったとして、いきなり侍女を斬ったという逸話が「三国志演義」にみえる。陳寿は「驕慢で狭量であったので身を滅ぼした」と評している。

« 平成の関ヶ原 | トップページ | 三浦哲郎と太宰治との共通点 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成の関ヶ原 | トップページ | 三浦哲郎と太宰治との共通点 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31