無料ブログはココログ

« 近畿梅雨明け | トップページ | 重森三玲と東福寺方丈 »

2010年7月19日 (月)

明治天皇と泉岳寺

   赤穂義士たちの討ち入り以来、地元では赤穂城内の大石邸で、小さな祠が設けられひそかに祀られていた。しかし幕府をはばかって、正式の神社にはしていなかった。江戸期、巷間では赤穂義士は芝居などでもてはやされてはいたものの、事件をそのまま脚色することは禁じられていた。たとえば大石内蔵助のことを大星由良助、吉良義央を高師直と変えていた。明治維新によってこのような状況は一変する。

    明治元年、京都から江戸に東幸した17歳の明治天皇は、泉岳寺の義士の墓に勅使を遣わした。これは義士・義挙の公認である。赤穂事件は、義士が天皇への忠誠、つまり忠君思想の普及に一役買うことになってしまった。この後、大石内蔵助隠棲の地である京都山科と赤穂に、赤穂義士を祀る大石神社が公認された。

« 近畿梅雨明け | トップページ | 重森三玲と東福寺方丈 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近畿梅雨明け | トップページ | 重森三玲と東福寺方丈 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31