無料ブログはココログ

« 明窓浄几 | トップページ | お台場 »

2010年7月15日 (木)

異端者の悲しみ

Img_0013 潤一郎の妹たち。左より末、一人おいて伊勢

    雑誌「中央公論」の編集長だった滝田樗陰(18882-1925)の遺族が日本近代文学館に谷崎潤一郎「異端者の悲しみ」、室生犀星「性に目覚める頃」、志賀直哉「雨蛙」などの原稿を寄贈したというニュース。「異端者の悲しみ」は肺病の妹の死が印象的である。

「かあちゃん、・・・・あたいウンコがしたいんだけれど、このまましてもいいかい」

「ああいいとも、そのままおしよ」

母はわが子の最後のわがままを、快く聴き入れてやった。暫くの間、病人はハッキリ意識を回復して、左右の人々にぽっりぽっりと言葉をかけた。

「あああ、あたいはほんとに詰まらないな。十五や十六で死んでしまうなんて、・・・だけど私は苦しくも何ともない。死ぬなんてこんなに楽な事なのか知ら・・・」

その言葉こそ、今肉体から離れて行こうとする霊魂の、断末魔の声であった。それが終わると、次第に病人は息を引き取った。

    潤一郎には園、伊勢、末の3人の妹と精二、得三、終平の3人の弟がいた。「異端者の悲しみ」は長女園がモデルになっている。園は明治44年腸結核のため数え16歳で亡くなっている。

« 明窓浄几 | トップページ | お台場 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明窓浄几 | トップページ | お台場 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31