無料ブログはココログ

« 天皇名に見える京都の地名 | トップページ | すくすく赤ちゃん »

2010年7月 9日 (金)

「龍馬伝」と土佐山内家の末裔

   嘉永元年に藩主となったのは、分家の出身だった山内豊信(容堂の号が有名だが)だった。容堂は吉田東洋を重用して藩政改革をおこない、長崎開港のときは岩崎弥太郎を派遣して海外貿易をすすめ、蒸気船の製造にも着手させた。容堂は坂本龍馬の献策をうけいれ、徳川慶喜に大政奉還を建白した。これが容堂の最大の功績となった。容堂の次の当主豊範は、廃藩置県まで高知藩の知事をつとめたりしたが、明治19年に亡くなった。幼くして当主となった豊景は陸軍士官学校に学び、やがて累進して陸軍少佐になった。豊景の跡を継いだ豊秋も軍人の道を歩んだ。晩年、司馬遼太郎の「功名が辻」を読んだ豊秋は、愚図でダメな男として描かれていることに憤慨し、「一豊は剛毅・謀将にして、わが家ではピカ一なり」と抗議したと伝えられる。

« 天皇名に見える京都の地名 | トップページ | すくすく赤ちゃん »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天皇名に見える京都の地名 | トップページ | すくすく赤ちゃん »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31