無料ブログはココログ

« 旦那さま、家が火事です | トップページ | 玉座の上の最初の近代人フリードリヒ2世 »

2010年7月12日 (月)

愚陀仏庵が豪雨で全壊

    12日午前7時30分ごろ、松山市一番町の夏目漱石ゆかりの建物「愚陀仏庵」が裏山が崩れて全壊した。松山では梅雨前線の影響で午前6時から1時間に46.5ミリの豪雨を記録し、土砂崩れが起きたらしい。

    明治28年6月下旬ころ、松山中学校の英語教師夏目金之助は、中堀貞五郎の世話で上野義方(小説「坊っちゃん」では荻野となっている)の離れの二階建てに明治29年4月11日まで住んでいた。ここを愚陀仏庵と称して、一時期、正岡子規も居候していた。(明治28年8月29日から10月19日まで52日間)

建物は昭和57年に復元されたものだが、人気観光スポットになっていただけに惜しい。

« 旦那さま、家が火事です | トップページ | 玉座の上の最初の近代人フリードリヒ2世 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旦那さま、家が火事です | トップページ | 玉座の上の最初の近代人フリードリヒ2世 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31