無料ブログはココログ

« 紙文明1900年、印刷文明560年 | トップページ | 原発情報は必要だ »

2010年7月30日 (金)

三好之長の死

    三好之長(1458-1520)は細川政元、澄元に仕えた部将。室町時代、永正16年から17年にかけて、畿内は細川高国と澄元の激しい抗争が繰り広げられた。細川澄元と三好之長は兵庫に上陸、高国方の越水城(西宮)をめぐる攻防戦が戦われた。2月越水落城、高国は京へ逃れる。三好之長は京都を占拠する。近江勢4万~5万からなる細川高国の軍勢と、これを迎え撃った細川澄元の軍勢が、5月洛中等持院で激突した。三好之長は周到にも淡路水軍を支配下におさめて、一帯の制海権を手中にしていた。さらに西岡一揆衆を味方にとりつけ、京都への通路を確保していた。ところが阿波の国人にさえ逃げられ、わずか4000~5000の兵しかなかった。之長はとらえられ殺される。澄元も阿波の勝瑞城に逃れたが病死。あっけない幕切れとなった。

« 紙文明1900年、印刷文明560年 | トップページ | 原発情報は必要だ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紙文明1900年、印刷文明560年 | トップページ | 原発情報は必要だ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30