無料ブログはココログ

« 模範亭主の憂鬱 | トップページ | 「東京ラブストーリー」の時代 »

2010年6月11日 (金)

素直になれなくて

    連続ドラマ「素直になれなくて」もいよいよ終盤へ。第9話。リンダ(玉山鉄二)がナカジに同性愛を知られたことで、自殺を図る。もともと職場の女性上司から性的関係を迫られていたこともリンダの精神を傷めた一因がある。リンダはなせ強く拒否しなかったのか。自分が同性愛であることを知られ、強度の自己嫌悪感から自殺を図るという設定も理解しがたいものがある。リンダはこれまでスナナレ会のリーダー的存在であり、誰にもやさしく、気配りがあり完璧な男性だった。それがなぜ壊れたのか?このままではツイッター・トレンディー・ドラマがあまりに悲しい。リンダよ、強く生きれ。

« 模範亭主の憂鬱 | トップページ | 「東京ラブストーリー」の時代 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 模範亭主の憂鬱 | トップページ | 「東京ラブストーリー」の時代 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30