無料ブログはココログ

« アキノブ対決 | トップページ | 龍馬、池田屋に行かず »

2010年6月 7日 (月)

人生は得るものもあるが失うものもある

Photo_2

兎追いしかの山
小鮒釣りしかの川
夢は今もめぐりて
忘れがたき故郷

志をはたして
いつの日にか帰らん
山は青き故郷
水は清き故郷

   ダークダックスの喜早哲(愛称ゲタさん)は、海外演奏の折には最もリクエストの多い曲が「ふるさと」だという。たしかに「ふるさと」は日本を代表する歌のひとつであろう。夕焼けのなかで赤とんぼを追った記憶、川で釣りをした思い出、友だちと一緒に森へ行ったこと、幼き日の思い出がこの歌にはこめられている。しかしただ懐かしさ、いとおしさだけではない。現実には小学校は廃校になったり、村はダムの下に消えてしまったりするし、もう故郷には戻れない。この歌には「人生は得るものがあれば失うものもある」という悲しさも秘められているような気がする。

« アキノブ対決 | トップページ | 龍馬、池田屋に行かず »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アキノブ対決 | トップページ | 龍馬、池田屋に行かず »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30