無料ブログはココログ

« iPadもいいけどやっぱり本が一番や | トップページ | 昭和天皇の「お覚え」 »

2010年6月22日 (火)

捨てる神あれば助ける神あり

   日本は神の国である。だがキリスト教やイスラーム教のように唯一絶対神ではない。「捨てる神あれば助ける神あり」は、ゴッドならば「神に捨てられることもあれば助けられることもある」という意になるが、日本では捨てる神と助ける神とは、それぞれ別の神である。つまり天照大神を祭る伊勢大神宮もあれば、菅原道真を祭る大宰府天満宮もある。神はいくらでもいるのである。毛吹草には、「棄つる神あれば引き上げる神あり」とあるが、「故事ことわざ辞典」(鈴木裳三)によれば、上総では、「倒す神あれば起こす神あり」、信濃では、「寝てる神あれば起こす神あり」と言われているそうである。(参考:金子武雄「続・日本のことわざ」現代教養文庫 1969)

« iPadもいいけどやっぱり本が一番や | トップページ | 昭和天皇の「お覚え」 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPadもいいけどやっぱり本が一番や | トップページ | 昭和天皇の「お覚え」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31