無料ブログはココログ

« レオニダスの墓 | トップページ | 田子ノ浦 »

2010年5月17日 (月)

コスモポリタン木下杢太郎

Photo

    近代文学において医学と文学とを両立させた人物は、森鴎外と木下杢太郎(1885-1945)である。杢太郎の本業の医者としては皮膚科であったそうだが、ハンセン病の研究にも熱心であった。文学では詩、戯曲、小説、随筆、評論、翻訳など広い分野に活躍したが、切支丹・南蛮美術の研究で知られる。東洋西洋を問わず、コスモポリタンであるとともに古典主義者であった。詩集「食後の唄」、戯曲「和泉屋染物店」などがある。

« レオニダスの墓 | トップページ | 田子ノ浦 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レオニダスの墓 | トップページ | 田子ノ浦 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31