無料ブログはココログ

« 同行二人 | トップページ | 母の日 »

2010年5月 8日 (土)

粋で現代的な芸者が似合う加藤勢津子

Photo_4

   南原宏治の「無法松の一生」(昭和39年)を楽しんでいる。吉岡夫人は南田洋子。松五郎を慕う元・芸者で瀬戸物屋を営む女タミを加藤勢津子が演じている。昭和16年生まれ。「これが青春だ」「でっかい青春」「ザ・ガードマン」「飛行機雲」「ある女の四季」、映画には、「飢える魂」(1956)、「こちら婦人科」(1964)がある。長門裕之・津川雅彦の妹、マキノ省三の孫である。60年代、女優として活躍していた。阪妻「無法松の一生」には長門が子役で出演していたが、テレビ版にもマキノ一族が共演している。

« 同行二人 | トップページ | 母の日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同行二人 | トップページ | 母の日 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30