無料ブログはココログ

« 変なタイトルの曲 | トップページ | 本歌取り »

2010年5月 2日 (日)

ベルギーのモンスと芸術家たち

Photo_3 ムーニエ「この人を見よ」

    画家ゴッホはボリナージュの炭鉱地帯に宣教師としてしばらく滞在していたのがベルギーのモンスという町。ブリュッセルの南西55㎞にある。1878年以降、ここを訪れたコンスタンタン・ムーニエ(1831ー1905)は、そこで働く悲惨な生活をおくる労働者をみて社会批判的な作品をテーマとした彫刻を制作する。炭鉱夫、製鉄工、人夫などの肉体労働者が多い。ムーニエはかつて日本でもロダンと同じくらいに知られた彫刻家だった。

« 変なタイトルの曲 | トップページ | 本歌取り »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変なタイトルの曲 | トップページ | 本歌取り »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31