無料ブログはココログ

« ジョディー・フォスター | トップページ | 南北戦争の終結 »

2010年5月25日 (火)

石は語らず

   歌人として知られた源俊頼の歌に「石」と題して「石はさもたてける人の心さへ かたかと有てみえもすかな」というのがある。書は人をあらわす、というが、この歌は、石組は人をあらわすといっている。禅宗寺院の枯山水は、その形の上からみて、旧来の林泉庭園を縮小集約した築山枯山水(大仙院書院庭園)と、平庭枯山水(竜安寺方丈庭園)とに大別できる。一石のなかに山岳をみるというのは同じである。これは盆の上に自然石や砂を配置した盆山も同じであろう。「石組は人をあらわす」とは如何なる意味であろうか。枯山水とは石組によって地形をあらわし、水を表わすのに砂礫を用いることがある。竜安寺は1450年細川勝元の創建であるが、石庭は当初からあったのではなく、いつ、だれによって作庭されたか不明である。室町末期頃作られたということしかわかっていない。(一説に相阿弥という)

« ジョディー・フォスター | トップページ | 南北戦争の終結 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョディー・フォスター | トップページ | 南北戦争の終結 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31