無料ブログはココログ

« 中国史 25 | トップページ | ピーター・フォークは3人目のコロンボだった »

2010年4月17日 (土)

素直になれなくて

   ハル(上野樹里)は高校非常勤講師。ナカジ(瑛太)は駆け出しカメラマン。ピーち(関めぐみ)は子ども服店員。リストカットの跡あり。ドクター(東方神起、ジェジュン)は医療機器メーカー営業。リンダ(玉山鉄二)雑誌編集者。現代を生きる若者の青春群像ドラマ。恋愛の神様・北川悦吏子も49歳。嘗てのヒットメーカーも全盛期の新鮮さはない。だが心にひびくセリフは流石だ。ドラマの進展も早い。次回が見たくなる。ツィッターを出会い系のように扱っていると若者から非難があったらしいが、おじさんにはわからない。ただ東京の現代風俗や若者の生態をドラマを通じてみることができるので楽しい。ハルはちょっとダサ目で怒りっぽい感じの女性だけど純粋なところが好感がもてる。北川脚本のヒロインってほとんどがピュアなんだろう。「素顔のままで」「あすなろ白書」「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」いずれも大ヒット。「素直になれなくて」には注目している。

« 中国史 25 | トップページ | ピーター・フォークは3人目のコロンボだった »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国史 25 | トップページ | ピーター・フォークは3人目のコロンボだった »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30