無料ブログはココログ

« 源頼家 | トップページ | 身近な博物館を利用しよう »

2010年4月17日 (土)

プラチナ

6211140102 [ショート・ラブストーリー]

   菅沼憲二は潮田美穂子の会社の上司だった。美穂子は憲二を愛しているし、愛されていると思っている。だが憲二は結婚していた。かつての同僚だった妻と、小学生の娘がひとりいる。二人は4年前から交際していた。昨年の誕生日、憲二からダイヤがはめ込まれた指輪をプレゼントされた。誕生日の今夜、2人は居酒屋で待ち合わせた。奥の座敷でビールで乾杯した。「これを」と憲二はポケットから小さな包みを出した。「こんな所でなんだけど、やっと約束が果たせた」美穂子の左手を取ると、薬指にはめた。思わず涙ぐんだ。大丈夫、何とかなる、きっとなる。美穂子は胸の中で、その言葉を繰り返した。

« 源頼家 | トップページ | 身近な博物館を利用しよう »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 源頼家 | トップページ | 身近な博物館を利用しよう »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30