無料ブログはココログ

« 身近な博物館を利用しよう | トップページ | 戦後は終らず »

2010年4月19日 (月)

馬酔木

Photo

    ツツジ科の常緑低木。山地に自生、また庭木として栽培。桜が散る頃、壺形の小白花を総状に下垂。全株が有毒、馬が葉を食べれば苦しむという所からついた名前らしい。あせび。あしみ。あしび。あせぼ。あせみ。

馬酔木折つて髪に翳せば昔めき 虚子

   昭和のはじめ、高浜虚子は「俳句の目的は花鳥風月を諷詠するにある」と提唱した。そして晩年には、「存問」つまり森羅万象の自然に語りかけることが大切だと述べている。

10389  -166

10349  -40

« 身近な博物館を利用しよう | トップページ | 戦後は終らず »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身近な博物館を利用しよう | トップページ | 戦後は終らず »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31