無料ブログはココログ

« ドロンの美貌の陰影 | トップページ | 就活女優ハラカナ »

2010年4月13日 (火)

動物学者は猛獣ハンター

Img_0027 殺したアンテロープを前にしてポーズをとるロイ・チャップマン・アンドリュース(中央)

    ジョン・ウェインの映画に「ハタリ!」というのがあった。アフリカの野生の猛獣を捕獲して世界中の動物園に供給する男の話である。ウエスタンの大スター・ジョン・ウェインがライフルを持って猛獣を追い回す。そんな映画は今なら動物愛護団体から抗議がでそうだ。

    しかし1930年代、西部に野性の動物がなくなって、男達は猟銃を持ってアフリカやユーラシア大陸へと渡ったことは歴史的事実である。インディ・ジョーンズのような冒険家・動物学者としてロイ・チャップマン・アンドリュース(1884-1960)の名前は知られている。ロイは隊員40人、自動車8台、ラクダ150頭を連れて、乾燥したゴビ砂漠やモンゴルで獲物を求めて探検した。

« ドロンの美貌の陰影 | トップページ | 就活女優ハラカナ »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドロンの美貌の陰影 | トップページ | 就活女優ハラカナ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30