無料ブログはココログ

« 死期の迫った猫が姿を消すのはなぜか? | トップページ | 兄弟俳優 »

2010年4月 7日 (水)

昭和文学検定

B2739dce3708ef8392efdb9f426b5833

    女流作家の中でも屈指のベストセラー作家だったが、生前から純文学としての評価は分かれた。今それほど話題にならないのが不思議なくらいだが、いつか彼女のブームが再燃するだろう。彼女の初期の代表作の冒頭の一節。

今年七十六歳になる豊乃は、花の手をひいて石段を一歩一歩、ふみしめるように上って行った。三日前から呼びよせてある和歌山市の髪結女の手で、彼女の白髪も久々で結いあげられていた。

*

*

*

*

[解答]有吉佐和子「紀ノ川」

« 死期の迫った猫が姿を消すのはなぜか? | トップページ | 兄弟俳優 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 死期の迫った猫が姿を消すのはなぜか? | トップページ | 兄弟俳優 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31