無料ブログはココログ

« 名脇役ドナルド・プレゼンス | トップページ | 3月のケベック »

2010年3月 4日 (木)

北条政子のやきもち

    いまCSで放送中の大河ドラマ「草燃える」がおもしろい。「尼将軍」とよばれた北条政子は勝気で謀略家というイメージがあるが、岩下志麻だとかわいい感じ。鎌倉入りしてまもなくのころ、政子が身ごもった。すでに大姫がいるので2番目の子、のちの頼家である。当時の習慣にしたがって、政子は御所を出て、産所に移って出産。と、その間に、頼朝は、伊豆でなじみを重ねていた亀の前(結城しのぶ)という女性をひそかに鎌倉に呼び寄せた。伊豆での流人生活時代に、頼朝は、政子以外の多くの女性とも交渉を持っていたのである。御所に戻った政子は、この頼朝の浮気をたちまち嗅ぎつけた。憤慨した政子は家来をやって、亀の前の隠れ家を討ち壊わさせてしまった。亀の前は命からがらその場を逃れたというが、この夫婦げんかは、鎌倉中の評判となってしまった。

« 名脇役ドナルド・プレゼンス | トップページ | 3月のケベック »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名脇役ドナルド・プレゼンス | トップページ | 3月のケベック »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31