無料ブログはココログ

« グルジア史 | トップページ | 中国史 2 »

2010年3月15日 (月)

狡兎死して走狗煮らる

Photo_2

    作家司馬遼太郎は司馬遷には遼かに及ばない、という意からペンネームをつけた。野末陳平は、漢の劉邦の一参謀である陳平から名前を拝借しているらしい。だが政権交代を成就した政治家とは気が大きい。前原誠司は「鳩山首相は人の話を聞く劉邦タイプ。突っ走る項羽タイプではない」と総理を持ち上げた。天下を取った気分で、比較する歴史上の人物も大きい。だが、このたえと話にはちょっと危ない落ちがある。

    漢の劉邦は天下を取ったが、楚漢抗争の第一の功労者である韓信(股くぐりの故事で知られた武将)を捕縛した。「すばしこい兎が死ぬと良犬は無用のもとなって煮られてしまう。敵対の国がなくなると忠臣がいなくなる」と韓信は身をもってその言葉を味わった、と司馬遷の「史記」にある。劉邦もさすがに気をとがめたとみえ、韓信を淮陰侯に格下げにしただけだった。劉邦の死後、のちに呂后にはかられて斬殺される。前原の本心は己を韓信に譬えて、マニフェストでの功臣第一の私が半年経つと亡ぼされた、ということを暗示しているのであろうか。

« グルジア史 | トップページ | 中国史 2 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グルジア史 | トップページ | 中国史 2 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31