無料ブログはココログ

« 芭蕉発句集 あち~あめ | トップページ | 学園ドラマに見る韓国学校事情 »

2010年2月 5日 (金)

気まぐれに玉ネギむいたら奥様と呼ばないで

    毎日、ドラマ三昧の日々。家事をしながらホームコメディをつけている。2月からケーブルテレビのデジタル番号が変更した。チャンネNECOは「500」と覚えやすい。新しく始まった「玉ねぎむいたら・・・」。かつて「花の中三トリオ」といわれた一人、桜田淳子はどうしているだろうか。鼻に何かが詰まっているような声だったが、ヒット曲を連発していた。百恵、昌子より芸能界向きの性格だったが、惜しいことに統一教会騒動で消えた。この「玉ねぎむいたら」は淳子の明るい面がでている。新人の松田聖子もフレッシュ。共演は故人となった石立鉄男。石立は女優を人気者にする天才である。榊原るみ(気になる嫁さん)、岡崎友紀(おくさまは18歳)、大原麗子(雑居家族、気まぐれ天使)、村地弘美(水もれ甲介)、杉田かおる(パパと呼ばないで)、吉沢京子(おふくろさん)ほかにも松尾嘉代や水沢アキなどをお茶の間の人気スターにしている。なおこの「玉ねぎ」には、力丸の山本紀彦も出演している。石立と二段ベッドで寝ているのが笑える。山本は最近テレビで見ないが、毎朝、ミュンヘンめざしてランニングしてような気がしている。

« 芭蕉発句集 あち~あめ | トップページ | 学園ドラマに見る韓国学校事情 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芭蕉発句集 あち~あめ | トップページ | 学園ドラマに見る韓国学校事情 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31