無料ブログはココログ

« 死刑と無期懲役の境は?近代日本の暗黒裁判史 | トップページ | 何を読むべきか »

2010年2月23日 (火)

在満邦人、ハルビン哀話

    松花江に面したハルビンは、もともと一寒村にすぎなかったが、1898年、東清鉄道の建設拠点として、ロシア人によって建設された。市内にはアール・ヌーヴォーの建築が立ち並び、「東洋のパリ」と呼ばれていた。ロシア人は秦家崗と埠頭を中心に都市づくりを進めていたが、その北東側の傳家甸(でんかでん、現在の道外区)に中国人の商人や労働者の住む町が形成されていった。1904年、浜江庁がおかれ、吉林省双城府の管轄とされたが、1913年、浜北県となった。ロシア革命に乗じて、中国はロシアのもっていた警察権、行政権などを自分たちのものにしていった。その後、ハルビンをめぐるソ連との紛争は未解決のまま、満州事変となり、1932年、日本軍はハルビンを占領し、翌年、満州国の特別市となって第二次世界大戦の終末にいたった。関東軍が白旗を掲げて停戦し、ソ連軍が満州の各都市へ進駐してくると、日本人の避難民は理不尽な掠奪、暴行などを受けた。さらに衣料や食べ物、暖をとるための燃料が十分でなく、栄養失調や病気で斃れる者が後をたたなかった。ソ連侵略時の混乱の中で親が死亡したり、行方不明になった子どもたちは、中国人に預けられ、あるいは拾われたりして、中国残留孤児となった。

    著名人では、漫画家・上田トシコは大正6年、東京に生まれ、生後40日でハルビンに渡る。梅宮辰夫は昭和13年のハルビン生まれ。加藤登紀子は昭和18年のハルビン生まれ。宝田明は昭和9年の朝鮮に生まれ、終戦時はハルビンの国民小学校6年生だった。

« 死刑と無期懲役の境は?近代日本の暗黒裁判史 | トップページ | 何を読むべきか »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 死刑と無期懲役の境は?近代日本の暗黒裁判史 | トップページ | 何を読むべきか »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31