無料ブログはココログ

« 日本人はキリストよりも伍子胥を見倣う | トップページ | アメリカの青春、日本の青春 »

2010年2月 8日 (月)

ネルソン・マンデラ

    黒人大統領マンデラとラグビーチームのキャプテン、フランソワ・ピナールが、ワールド・カップを機に国民の心をひとつにしようと協力する姿を描いた映画「インビクタス負けざる者たち」(クリント・イーストウッド監督)が公開されている。マンデラを演ずるのはモーガン・フリーマン。かつて、大統領自身に、どんな俳優に演じて欲しいか、という問いに「モーガン・フリーマン」と、はっきり答えている。マンデラはアパルトヘイト反対運動の指導者として1962年に逮捕され、1990年に釈放されるまで実に28年間も投獄されていた。そんな世界の著名人と面会した日本人の一人がタレントの松村邦洋だ。「進め、電波少年」という番組で、松村はアポなしで、マンデラとの単独インタビューに成功した。その松村邦洋が、昨年3月、東京マラソンに挑戦した。途中、14キロ付近で意識を失い、心肺停止になるというハプニングがあった。あの騒動から一年が経つが、松村くんは元気だろうか?

« 日本人はキリストよりも伍子胥を見倣う | トップページ | アメリカの青春、日本の青春 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人はキリストよりも伍子胥を見倣う | トップページ | アメリカの青春、日本の青春 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30