無料ブログはココログ

« 雪崩れ | トップページ | 死刑廃止は理想論か? »

2010年2月 7日 (日)

ノン子橋

Photo_2

    埼玉県大里郡寄居町にある普通の橋がいま話題である。通称「ノン子橋」といわれている。映画「ノン子36歳(家事手伝い)」でその舞台となったからである。信子(坂井真紀)は売れない女優であったが、今は実家に帰って、無気力な日々を過ごしている。あるとき祭りの縁日にひよこを売ろうとする青年と出会う。地元の有力者に頼むが場所を貸してくれない。ノン子はその青年と次第に親しくなる。祭の当日、青年は遂にキレで鋸で暴れだし、櫓を倒して町から追放される。なんとも貧乏くさいあわれな映画だ。むかしのアメリカ映画「ピクニック」は同じシチュエーションだが、俳優に花があった。でもスッピンの坂井真紀にどこかひかれる。それは朝の顔だからか。「ウェルかめ」の須堂啓と印象が重なる。須堂啓をもっと見たいという男性ファンにはお勧めの映画である。もっと古い男性ファンには、宇都宮雅代がノン子の母親としてでている。またおニャン子の新田恵利がスナックのママで登場している。それぞれの世代の女が妖しい魅力を放つ小品である。

Photo_3

« 雪崩れ | トップページ | 死刑廃止は理想論か? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪崩れ | トップページ | 死刑廃止は理想論か? »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30